眼科 眼瞼下垂・さかさまつげの治療

Ptosis

眼瞼下垂・さかさまつげの治療

眼瞼下垂とはまぶたが下がっていることです。
視界の妨げになったり、眼精疲労の原因になることがあります。
当院では眼科で、その診断治療が可能です。
手術によって治療するかどうかは、診察の上検討します。
手術で治療する場合も、方法がいくつかあり、患者様の状態によって選択する必要があります。
保険の適応かどうかも医師により判断いたします。
さかさまつげは、睫毛(まつげ)が眼球に触れることによって、角膜炎を起こす原因になります。
乱視の発生の原因になることがあります。
多くの場合は、睫毛を抜くことによって解消されるため、生えるたびに抜いて対処する医療施設があります。
そのような患者様中には、手術を受けるほうが適切な場合があります。
当院では眼科で、適切な手術対応が可能です。